体捌きを重視し、護身術も行います。組手はフルコンタクトルールです。

初心者未経験者にも基本から行うので安心です。

Welcome

元気な返事や礼儀作法を大切にしています。

基本から丁寧に指導します。

稽古内容(一例・メニューは参加者のレベルにより変更となる場合もあります)

 

礼法 整列・正座・座礼・元気な返事・立礼・入退室

 

 

礼儀作法は武道の基本です。まず最初に覚えることであり、ある意味一番重要でもあります。礼に始まり礼に終わります。

 

基本稽古

 

その場での組手構えからの突き蹴り、コンビネーションを行います。伝統的な正拳突きや受けも行います。

 

移動稽古 

 

移動しながら組手構えからの突き蹴り、コンビネーションを行います。実践技中心です。

 

ミット 

 

ミットを打ちます。打撃の威力を養うためには大変重要な練習です。コンビネーションや連続打ちを行います。

受け返し 

 

相手の攻撃を受けてから即攻撃を返します。組手において重要な技法のひとつです。

 

捌き 

 

相手の攻撃を捌いて崩したのちに攻撃します。組手において体格差のある相手に対し有利に戦うために大切な技法のひとつです。

 

護身術 

 

掴まれた際の「関節技」や逃げ方(離脱法)を行います。街中での護身の際に有効な技法です。

 

自由組手(フルコンタクトルール・捌きルール)※希望者のみ・防具着用

 

組手は希望者のみです。防具着用で安全性に配慮して行います。

 

 

型(形) 太極 平安(初段 二段 三段 四段 五段) 鉄騎 三戦 慈恩 抜塞

 

試合・演武 

 

 

日頃の稽古の成果を試す場です。実力向上に大変重要です。

※組手は原則防具着用の上、希望者のみ。無理をしないさせない事を大切にし行っています。

※型(形)は伝統型指導員がいる際に適宜行う。

無理をしないさせない、相手を思いやる心を育てる心の空手