伝統型担当

 

平賀知 二段 空手歴13年

 

空手伝統型(形)を担当しています。当会の空手は、無駄のない合理的な技術体系で、効率的に上達ができます。 宜しくお願いします。

 

経歴

松濤館系の空手道顕成會にて5年間指導経験あり 

伝統空手10年 黒帯 (初段)を取得

フルコンタクト空手3年

当会にて型を担当する

 

 

「空手道クラブ」 平成19年から活動

 

平成18年に設立され、平成19年から覇空門の前身となるクラスが本格的に活動を開始しました。

現在は主に横浜と東京を中心に活動しています。小学生から60代まで幅広い年齢層の方が無理なく参加されています。

当初は武道経験者のみを対象として稽古を行っていましたが、平成30年より初心者でも習いやすいように技術体系を整備し体制を整えて「空手道クラブ」として広く一般募集を開始しました。

 

稽古は主にフルコンタクト空手系の技術を中心としていますが、基本や型には伝統空手の技術も取り入れられています。また「捌き」や「護身術」も取り入れられており、突きや蹴りなどの打撃技だけではなく、「関節技」や「投げ技」も習得可能な先進的な技術体系が確立されています。平成31年より他団体との区別を明確にするため「空手道クラブ(覇空門)」と改称しました。

 

「合理的な技術」や「近代的なトレーニング理論」を重視して、従来の根性主義的な稽古から脱却し、楽しくかつ安全に稽古に取り組めるように心がけています。

 

「合理的な技術」や「近代的なトレーニング理論」を重視!無理なく取り組めます。